銀杏の木にはトロがある

【 銀杏の木にはトロがある 】

今回
書きたいことを短いタイトルにするのが
とても難しかったので
とりあえず読んでみてくださいませ

わたしは料理する時によく
「落し蓋」使います

煮物はもちろん
炒め物にも使ったりしてます

落し蓋をして
蒸し炒めにすると油が少なくてすむし
素材全体に熱がつたわりつつ
水分は周りから蒸発するから
キンピラとかいい具合に仕上がります

でも以前に買った安い落し蓋
割れたり取っ手が抜けちゃったり。。。

新しいのを探してました

そしたら
先日行った
東京ドームのテーブルウエア展で
すごいの見つけました!

きらびやかな
テーブルウエアのブースが軒を連ねる
その脇に

銀杏(いちょう)材を使った調理器具を並べた
超シンプルな店がまえ

職人風の男性が
たたみ4畳ほどのスペースに
長テーブルを並べて
銀杏の木でできた
落し蓋やまな板を販売していました

こういう時って
アンテナがピピっと反応してしまいます(笑)

早速
落し蓋を買おうと選んでいたら
特別に赤いシールが貼られたモノが。。。

IMG_9540

「これ普通のモノと何か違うんですか?」

「これはね銀杏の木のトロの部分でできてるの」

「銀杏の木のトロ???」

「マグロのトロってあるでしょ 脂ののった腹のとこ」

「。。。」

 

 

IMG_8027「樹齢100年以上たってる銀杏の木の

中心部分は油分が多くてね

そこんところをトロって呼ぶの

油が多いから水分が染み込みにくくて丈夫だよ」

 

 

「買います!」

で3個 大中小お買い上げ!

「外人さんがまとめて買っていくんだよねー」
「最近は外人さんの方がよく知ってるねー」
「まな板も銀杏のトロおすすめだよー」

というお話でした
これを短くできなくて
ああいうタイトルになりました(笑)

こういう場所は
その道のプロばかりが集まっています

商品だけでなく
その商品に携わっている人の話しが聞けるチャンス!

作り手のストーリー
商品のストリー
しっかり聞いておくと仕事にも生かせます

「トロの落し蓋があるってしってます?」

もうこのワンフレーズで
目の前のひとの関心をぐっと掴むことができるようになりますね♪

この人なんか色々知ってそう
今度何か料理の仕事で困ったことが出てきたら相談してみよう

なんてことが起こります!

フードコーディネーター
村井りんご

【2017年1月・2月】料理教室のご案内


自宅アトリエにて、料理教室を開催しています

1月2月は [甘酒&甘酒デザート教室]・[手作味噌教室]・フレンチシェフをお招きして[フレンチマクロビ教室] などを開催予定♪ これからも随時スケジュールを追加していきますのでお楽しみに!

詳細からご覧ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です