丁寧に料理することの意味

丁寧に料理することの意味

里芋を出汁で甘辛く煮てから
片栗粉をまぶして揚げる
里芋の竜田揚げ風

煮てから更に揚げる2段回調理だから
ちょっと面倒?

でも
丁寧に手間をかけた分の美味しさがあります!

里芋を出汁・みりん・薄口醤油で甘辛く煮てから
片栗粉をまぶして揚げます

丁寧ポイントは
*里芋は少し小さ目の一口大にして味をしみこみやすくする
*片栗粉をたっぷりまぶしたけどそのまま油に入れると
油に片栗粉が落ちて綺麗に揚がらないからザルでふるって落とす
*火加減を注意して少しきつめのキツネ色にあげて香ばしく

写真をみる限りでは特別ではない毎日のおかず
「ハレ」ではなくて「ケ」です

特別な材料も使ってないし
具もたった1つ

毎日の食事
安くて・簡単で・早く作れるが求められてるけど

どこかに一つ

「丁寧」を加えてみるといいなって思います

 

例えば

丁寧に育てられた食材・・・Facebookにも書いたけど友達のお父様が丹精込めて作った里芋なんです

 

食材じゃなくたって
丁寧に使っている器・・・素朴で使いやすいお気に入りの器

丁寧に箸置きをセットしてみる・・・食べることへの気持ちの切り替え

 

とかね
 
必要ないって思うことを削るだけでは
ただの「質素」
そこへ
一つの「ていねい」を足すと
「質素だけど豊かさがある」
に変わりますよね。


【2017年1月・2月】料理教室のご案内


自宅アトリエにて、料理教室を開催しています

1月2月は [甘酒&甘酒デザート教室]・[手作味噌教室]・フレンチシェフをお招きして[フレンチマクロビ教室] などを開催予定♪ これからも随時スケジュールを追加していきますのでお楽しみに!

詳細からご覧ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です